木星の衛星「エウロパ」の茶色い縞は塩?

木星の衛星「エウロパ」の表面には長く伸びた無数の茶色の縞々の筋模様がある。その筋模様の正体は長らくわかっていなかったそうだが、最近の研究でその正体は「海の塩」かも知れないということが分かってきたそうだ。何故真っ白いはずの塩が茶色い色をしているのだろうか?
太陽から遠く離れたエウロパの表面は分厚い氷で覆われている。そこに無数の引っ掻いたような茶色い筋が走っているのが観察できる。さらに、地表から100キロメートルの地下には広大な海が広がっていると考えられており、NASAの探査機「ガリレオ」のデータなどからこれまで表面の筋模様は、その海から噴出した硫黄とマグネシウムを含む化合物によるものと考えられていた。
そんな中、NASAジェット推進研究所のKevin Handさんらは、温度や圧力、そして放射線量を「エウロパ」の表面そっくりに真似た環境を地球上で再現。摂氏マイナス173度に設定された真空中で塩のサンプルを放射線にさらす実験を始めたそうだ。すると、塩が放射線にさらされればさらされるほどより濃い色になっていくことを発見したそうだ。そして塩はガリレオが撮影した画像に見られるような筋模様そっくりの茶色に変色したのだという。実験で変色した塩とエウロパの塩の光の波長を比較してみると、ほぼ同じものになったという。
この実験を経て、茶色いエウロパの筋はおそらく「塩」だということが判明したのだそうだ。この色の濃さの違いを観察することで、エウロパの表面に見られる模様や地下から噴き出した物質がどれだけ古いかを知るのに役立つとみられている。
しかし、1994年から2003年まで木星を観察した探査機「ガリレオ」以降、「エウロパ」の詳しい探査は行われていない。将来の探査機による直接探査が待たれるところだ。

たんぽぽ計画

「宇宙空間を飛ぶ生命の源を捕えろ」という日本のユニークな宇宙実験「たんぽぽ計画」が5月、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」で始まるそうだ。スペースシャトルの退役で中断した計画が、日本独自の宇宙技術と研究者の熱意で10年越しの実現にこぎ着けた。
同計画は高度400キロメートルを高速で飛行する「きぼう」の船外に、「エアロゲル」という寒天のような捕集材をつけて1年ごとに交換。宇宙空間を漂うアミノ酸などの有機物や、地球から浮遊した微生物の採集を試みるそうだ。酵母菌など微生物の入った容器も船外に置き、放射線や紫外線が強い宇宙空間を微生物が長期間旅する可能性も検証するとのこと。
「たんぽぽ計画」というと何だか可愛らしい印象を受けるが、目に見えない微生物が宇宙空間で生き残ることができるのか、また宇宙塵を採集して調査することで、生命の原材料である有機物が宇宙塵によってもたらされたのかということを調べるという生命誕生の起源に迫るという壮大な計画のようだ。

アルミ缶コーヒー

今年の1月30日に、大手化学メーカーの昭和電工が栃木県下の子会社の工場にコーヒー向けアルミニウム缶の製造設備を新設したそうです。顧客については公表されていませんが、業界ではこれがコカ・コーラ向けの施設であることが周知の事実だそうです。
これまで国内のミルク入りコーヒーの容器はほとんどスチール缶でした。なぜなら業界団体が約30年にわたってミルク入り缶飲料でのアルミ缶の使用を自粛するよう要請してきたからです。ミルク入りの缶飲料は致死率の高いボツリヌス菌が繁殖する可能性がありますが、アルミ缶ではそれを発見しにくいそうです。やわらかいアルミの飲料缶は一般的に薄くても強度を保てるように中にガスを入れて内圧を高めています。つまり、元々缶が膨れているため菌が繁殖したことによる缶の膨張を消費者が察知できない恐れがあるのです。製造工場では、缶の底を叩いて音の振動で内部の圧力を測る「打検」で菌が繁殖していないか確認しているそうです。ただ打検はスチール缶のように底が平らでないと難しく、ドーム型にへこんだアルミ缶では確認が困難だとされています。
そんな状況に一石を投じたのがコカ・コーラです。去年の8月には工場の衛生管理の進化を踏まえて業界団体の「申し合わせ事項」が変更され、ミルク入り缶飲料にアルミ缶を使うことが認められやすくなったそうです。しかし、日本コカ・コーラはアルミ缶解禁に先んじて去年の4月頃からアルミ缶コーヒーの販売を始めているのだそうです。今年1月末時点では「ジョージア」の18製品を含む20製品をアルミ缶に切り替えています。この動きが業界全体に広がれば、アルミ缶のみを製造する昭和電工のような缶メーカーにとって追い風となると見られています。

アルミ缶の缶コーヒーが今まで販売されていなかったのはこうした背景があったのですね。

インフルエンザにかかる人とかからない人

寒くなってくると心配なのがインフルエンザ。例年12~3月ごろ流行し、1~2月に流行のピークを迎える。毎年かかってしまうという人もいれば、毎年ワクチンを打っているのでかからないという人、ワクチンを売ったことがないけれど一度もかかったことがないという人もいる。この差はいったい何なのだろうか?さまざまなウイルスによって引き起こされる風邪は、通常はのどの痛みや咳、鼻水、くしゃみ、微熱といった軽い症状が中心。一方インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気で、風邪と似たような症状もあるが高熱と一緒に頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が突如として現れるのが特徴だ。睡眠不足や疲れがたまっているような体の免疫が落ちている時は他の疾患を誘発することもあり、重症化することもある。インフルエンザの感染経路は咳やくしゃみをした時の飛沫による感染だということが分かっている。よって感染者の飛沫を浴びないようにするのがインフルエンザ予防の一番のポイントとなるが、家や学校、会社、通勤電車など集団生活をする中で完全に防ぐことは難しい。中には特別な感染対策をしていないにもかかわらずインフルエンザにならない人もいるが、このような人は過去に同じ型のウイルスに感染して抗体を持っているか、偶然体内で作られた抗体がウイルスの型に合っていたということが考えられる。またインフルエンザは必ずしもすべての人に同じ症状が現れるわけではない。風邪のような軽い症状で終わる人や、全く症状が現れない人もいる。この場合はかからないのではなく、自覚症状がないということのようだ。いつ新しいウイルスに感染して症状が出るか分からないので油断は禁物だ。

チョコレートでダイエット?

本当だったら、夢のようなお話・・・。チョコレートでダイエットが出来る?
ダイエットや美容のために本当は食べたいけど、食べるのを控えている女性も多い、チョコレート。
そんなチョコレートをダイエットのために食べれるのならば夢のようなお話ですよね?
では、「チョコレートダイエット」はどのようにしたらいいのでしょうか?チョコレートダイエットの注意点はカカオ成分の多いチョコレートを選ぶことです。カカオ70%以上のチョコレートを選ぶのがベスト。しかし、カカオが多く含まれているチョコレートの方がカロリーが高くなっているので、食べすぎには要注意です。
では、なぜチョコレートで痩せられるのでしょうか?チョコレートの原料であるカカオには、ビタミンやミネラルはもちろんですが、赤ワインに多く含まれている、ポリフェノールがカカオにも多く含まれているのです。このポリフェノールは免疫力の効果など健康維持をサポートします。なので、チョコレートダイエットも有効的なのです。甘いものが食べたくなったら、ケーキなどはやめて、チョコレートをつまむのがよさそうですね。

情報衛星打ち上げ

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構が2月1日午前10時21分に、政府の情報収集衛星レーダー予備機を搭載したH2Aロケット27号機を鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げ、打ち上げが成功したそうだ。情報収集衛星は1998年の北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて導入されたとのこと。悪天候でも観測できるレーダー衛生と晴天時に撮影する光学センサー衛星が2基ずつ、計4基で構成されている。安全保障や大規模災害時の対応など危機管理で必要な情報を得るため、内閣衛星情報センターが運用する。同センターの所長は予備機については「4機体制を確実にするためには必須。的確に運用し、真に必要とされている情報収集に臨みたい」とコメントしているそうだ。予備機はレーダー衛星1、2号機が予定の運用機関を待たずに故障したために導入された。基本性能は3、4号機と同じだが、信頼性を向上させたという。年度内には2009年に打ち上げられた光学衛星3号機の後続となる5号機が打ち上げられる予定だそうだ。このところ打ち上げ成功のニュースが続いているのを見て、日本の技術も進歩したのだなと改めて実感する。

ウォルト・ディズニーが愛した実在する夢の国

ウォルトディズニーが愛した実在する夢の国があるのをご存知ですか?
場所はデンマークのチボリ。クリスマスの本場のデンマークでは毎年クリスマスシーズンになると、クリスマスマーケットが盛大に行われます。その幻想的な姿をさらに演出するのが小さなチボリ遊園地です。このチボリ遊園地はかつてウォルトディズニーが妻のリリーと訪れた場所。ウォルトディズニーが作り上げた夢と魔法の王国、ディズニーワールドは、このチボリ遊園地を参考にしたとか。
世界で一番古い木製のジェットコースターに載れば、まるで幻想的な夜空を駆け回っているよう。また、可愛いメリーゴーランドに乗って、ゆったりときれいに飾られたイルミネーションを見るのもよし。あなたも機会があったら、ウォルトディズニーが愛したチボリ遊園地に行ってみてはいかがですか?

節分

節分は現在では立春の前日にを指すが、元々はそれぞれの季節が終わる日、つまり立春、立夏、立秋、立冬の前日を言ったそうだ。節分につきものの鬼払いの行事は中国の大儺が源流で、恐ろしい形相の面をつけた呪師が疫鬼を追い払う行事だそうだ。日本では706年に多くの人民が疫病で死んだため、土の牛を作って初めての鬼払い儀式が行われたことが「続日本紀」に記されている。その儀式は追儺と言い、朝廷では鎌倉時代まで大晦日の夜に行ったそうだ。節分と言えば豆まきだが、節分に豆で邪鬼を払う行事が初めて行われたのは室町時代の京都で、「看門日記」の1425年に記録されている。定番の掛け声の「鬼は外、福は内」は「臥雲日件録」に立春前夜に家ごとに豆をまき、「鬼は外、福は内」と唱えたと記されている。やがて江戸時代になると、春を迎える厄払いの行事として諸国の神社や家庭に広まり、身体を豆で撫でて厄を移したり、年齢の数だけ豆を食べるようになった。またヒイラギの葉が尖っていることから「鬼の目突き」と呼ばれ、その先にイワシの頭を刺して戸口に掲げると邪気の侵入を防ぐとされている。最近では恵方巻を食べるのがブームになっている。節分の夜にその年の恵方を向いて、目を閉じて願い事を思い浮かべながら無言で太巻きを丸かじりすると叶うそうだ。

双極性障害

近年、うつ病などの精神的疾患の患者数が増え、右肩上がりになっている。
10年前と比べるとその数は、100万人以上増え、現代病ともなっている。
精神疾患が起こる原因は職場のストレスや過程でのストレスや様々である。
そして最も多い精神的疾患がうつ病だ。うつ病は単に気分が落ちるだけではなく、時にはハイになったり、時にはローになったり、気分の高まりと気分の落ち込みを繰り返す、双極性障害というものもある。双極性障害は以前は躁うつ状態と呼ばれていた。しかし、近年では呼び方が双極性障害と変わった。うつ病は誰にも起こりうる病気である。他人事と思わず、日頃からストレス解消をしたり、日光などに浴びるなどをして予防をすることが出来る。また、うつ病は必ず治る病気ではあるが、長い間ほおっておくと、治るのにも時間がかかってしまう。早めの病院への受診をお勧めする。

ドラゲナイ

ネットで近ごろ見かけるようになった流行語「ドラゲナイ」、発端は人気ロックバンドSEKAI NO OWARIの曲「Dragon Night」のサビがそう聞こえるというものだった。その言葉の響きが受けて言葉だけが独り歩きして、特にこれと言って意味は決まっていないようだ。「学校終わった。早く帰りたい。ドラゲナイ。」や「今日の服装どこかドラゲナイ」など人によって使い方は様々。ツイッターでの何気ないつぶやきから、学校の黒板に「ドラゲナイ」と落書きされた写真がアップされたりと知らない人にとっては意味が分からないがとにかく流行っている。
この「ドラゲナイ」だが、セカオワファンとしては「バカにしている」と感じる人もいるようで、ファンとアンチの間で衝突することもあったようだ。ところが当のボーカル本人がツイッターで「アルバムが発売から2週間で32万枚を突破したとスタッフに言われた!嬉しい!ドラゲナイ!!(使い方が分からない)」とつぶやいたことから”本人公式”となり、ドラゲナイ流行はさらに加速していきそうだ。この反応でアンチからファンになった人もいるかもしれない。ネットの流行語と言うのは何が流行るか分からないが、その時一緒に盛り上がって仲間意識を楽しむというのが醍醐味のような気がする。