欧州のシャチが絶滅危機

欧州に生息するシャチが、有毒なポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物が原因で絶滅の危機にあるという。自然分解されにくPCBは、他の海洋世物にとっても脅威であり、繁殖能力を著しく害している。
1987年に禁止されたPCBは、欧州各地の工場、建築現場で広く利用されていた。食物連鎖を通じて濃縮され、シャチやイルカの脂肪組織に蓄積されてしまい、母乳を介して子世代の体内にまで有害物質が引き継がれていくのだという。
14日に発表された論文の著者、英ロンドン動物学会に所属するポール・ジェプソン氏は「西ヨーロッパの海岸には、ほとんどシャチは生息していない」と述べ、地中海や北海では既にシャチが姿を消したことを付け加えた。
ジェプソン氏によると、西ヨーロッパ沿岸でも生き残っているシャチは非常に小型であり、繁殖能力が全くないか、あってもほとんど衰えているそうだ。
また、海洋学者が数十年にわたり観察してきたポルトガル沿岸に生息する36頭のシャチの群れでは、10年以上出産が確認されていないと指摘している。
雌の体内に蓄積されたPCBは、その90%を子供に移行にしての出産となる。それなのに、座礁した個体を含むシャチ1000頭以上から採取した体組織を調べたところ、すべての雌雄において同じ体内PCBレベルだったという。これは直近数年間に生まれたシャチの子供が1頭もいないということである。
PCBが海洋生物に有害であることは、以前から知られていたのだが、その具体的な影響を示した研究は今回が初めてだったという。
海の王者と称されるシャチが、人間がうみだした小さなプラスチックごみに絶滅させられてしまうかもしれない。産業廃棄物の問題は未だ各地で広がりを見せているが、具体的な解決策がない現状が悔やまれる。

「あかつき」軌道へ

金星探査機「あかつき」の周回軌道投入の状況について、中村正人プロジェクトマネージャーが7日、JAXAの相模原キャンパスで記者会見した。
「本日、あかつきの周回軌道投入の作業を行った。午前8時51分29秒から9時11分57秒までの1228秒間、エンジン噴射を計画した。計画通り行われたことを確認した。噴いている方向と噴射量は予定とほぼ一定なので、当初予定していた軌道に入ることの期待は大変もてると考えているが、正確な軌道は実際に飛んでいるところを追いかけて確認して2日後に発表したい」とのこと。
今後の運用については、既に観測プログラムは送っているため、すぐに観測に移れるという。最初に観測データが届くまでには2、3日かかるそうだ。3ヶ月は試し撮りをし、きれいな絵を撮るまでに3ヶ月の猶予を考えているという。本格観測は来年4月から2年間を予定しているとのこと。
あかつきは非常に苦労して今回ようやく金星の周回軌道に入ることができた。中村氏はあかつきに対して「意外と頑丈だったね。メーカーが非常に丁寧に作ってくれた。軍艦のようだ。どこもほとんど壊れなかったのは大変なこと」と述べ、ほめてやりたいと話した。
今後観測が本格的に始まり、新たな情報を送ってくれるのが楽しみだ。

神田沙也加 小室と新ユニット

音楽プロデューサーの小室哲哉氏がこのたび、音楽ユニットTRASTRICKのボーカルである神田沙也加さんとトラックメーカー・tofubeatsと新ユニットの「TK feat. TK」を結成し、新曲の「♯RUN」を完成させた。
小室氏と初共演した神田さんは「世代的にも小室さんの作った曲をたくさん聴いてきた。なので、お話をいただいた時はすごくワクワクして本当に嬉しかった。」と当時の心境を報道陣に語った
同曲は、JRA日本中央競馬会が今月12日に開設した競馬サイトの「umabi.jp」のテーマソングに決まった。
小室氏が作詞作曲、神田がボーカルでTofubeatsがビートメーカーを担当し「走る」をテーマにした疾走感と高揚感をイメージした楽曲となっている。

日本未経験「スーパー台風」とは

今年はすでに20個以上発生している台風。地球温暖化が進むと、日本をこれまで経験のない「スーパー台風」が襲う可能性があるという。一体何が「スーパー」なのだろうか。
わずか1分ほどで1~2メートルも水位が上がり、平屋の建物はあっという間に水没した。2013年11月、台風30号が上陸したフィリピン・レイテ島。窓ガラスを割って脱出した男性は「津波のようだった」と振り返る。台風に慣れているこの国の人でさえ想像していなかったスーパー台風の猛威で、死者・行方不明者は7000人を超えた。
スーパー台風とは米軍合同台風警報センターの定義で「地表付近の風速が1分平均で67メートル超の台風」を指す。日本では1分平均風速の0.88倍に相当する10分平均が一般的なので、換算すると「風速59メートル超」になる。大きな被害が出た1958年の狩野川台風、1959年の伊勢湾台風、1961年の第2室戸台風はその条件を満たしていたが、上陸時には勢力が弱まり「スーパー」ではなかったという。
だが、今世紀末にはスーパーのまま日本に上陸する可能性があると多くの専門家は指摘する。坪木和久・名古屋大教授は台風を車に例え、雲の壁に囲まれた目(中心部)は「エンジン」、取り込む水蒸気は「ガソリン」に相当すると解説する。海水が蒸発した水蒸気が吸い上げられて雲になるとき、台風の目の空気は加熱されて軽くなり気圧はさらに下がっていく。その結果、周囲から気圧の低い中心部へ吹き込む風が一層強くなり、勢力を増す。このように台風が強くなっていくのは海面の水温が26度より高い場合で、13年の台風30号上陸時のフィリピン付近は29度あったそうだ。日本周辺の9~10月ごろの水温は26度以下のため台風は次第に衰えていくが、温暖化が進むと状況は変わる。坪木教授が今世紀末の世界の平均気温が20世紀末より2.8度上がるとの想定で試算したところ、最大で中心気圧857ヘクトパスカル、風速88メートルという13年の台風30号以上の勢力のスーパー台風が生まれ、それに近い強さのスーパー台風がいくつも日本に上陸する経路をたどった。坪木教授は「今考えられる『最悪』のレベルを上げ、タイムライン(避難時の行動を時系列で示す計画書)などを整備する必要がある」と警告する。
経験したことのない「スーパー台風」に備えて、個人でも意識して気象情報からリスクを判断できるように考え方を改める必要がありそうだ。

上戸彩、第1子女児を出産

おめでたいニュースが飛び込んできました。
人気女優の上戸彩さんがこのたび第1子となる女児を出産しました。
2012年9月に結婚をした夫で「EXILE」のHIROの所属事務所が8月19日、ファクスで出産を発表しました。
2人は連名で「この感動を大切にしながら、これからも力を合わせて頑張っていきたいと思います。」と喜びを表しました。
2人のコメントを全文は以下の通りです。
「沢山の人に支えられ、無事に女の子を出産することができました。おかげさまで、母子共に元気です。お世話になった皆さん、応援してくださった皆さんにとにかく感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。この感動を大切にしながらこれからも頑張っていきたいと思います。温かく見守っていただけたら嬉しいです。」

地球の「いとこ」の惑星発見

地球から1400光年離れた宇宙で、これまで発見された中では地球と太陽に大きさや位置関係などが最も似た惑星と恒星が見つかったそうだ。米航空宇宙局(NASA)が23日に発表した。NASAの専門家は「地球のいとこ」と表現しているという。
ケプラー宇宙望遠鏡で観測された惑星は、直径が地球の1.6倍で、恒星の周りを385日周期で回っているそうだ。位置関係の地球・太陽間の距離より5%遠いだけだという。恒星は直径が太陽より10%大きく、温度は同程度だが20%明るいそうだ。
惑星の組成等はまだ確認されていないとのこと。ただ、大きさから地球と同じ岩石質である公算は大きいという。さらに、恒星との位置関係など地球に条件が近いため、生命の存在に必要な液体の水がある可能性もあるそうだ。
恒星は太陽より15億年古い「60億歳」とされる。ケプラー観測チームの専門家は「この惑星に全て必要な物質と条件があったなら、生命体が生まれるのに十分な時間といえる」と話しているそうだ。
もしかしたら本当に地球外の生命が存在するかもしれない。そんな可能性が感じられる発見だ。

木星の衛星「エウロパ」の茶色い縞は塩?

木星の衛星「エウロパ」の表面には長く伸びた無数の茶色の縞々の筋模様がある。その筋模様の正体は長らくわかっていなかったそうだが、最近の研究でその正体は「海の塩」かも知れないということが分かってきたそうだ。何故真っ白いはずの塩が茶色い色をしているのだろうか?
太陽から遠く離れたエウロパの表面は分厚い氷で覆われている。そこに無数の引っ掻いたような茶色い筋が走っているのが観察できる。さらに、地表から100キロメートルの地下には広大な海が広がっていると考えられており、NASAの探査機「ガリレオ」のデータなどからこれまで表面の筋模様は、その海から噴出した硫黄とマグネシウムを含む化合物によるものと考えられていた。
そんな中、NASAジェット推進研究所のKevin Handさんらは、温度や圧力、そして放射線量を「エウロパ」の表面そっくりに真似た環境を地球上で再現。摂氏マイナス173度に設定された真空中で塩のサンプルを放射線にさらす実験を始めたそうだ。すると、塩が放射線にさらされればさらされるほどより濃い色になっていくことを発見したそうだ。そして塩はガリレオが撮影した画像に見られるような筋模様そっくりの茶色に変色したのだという。実験で変色した塩とエウロパの塩の光の波長を比較してみると、ほぼ同じものになったという。
この実験を経て、茶色いエウロパの筋はおそらく「塩」だということが判明したのだそうだ。この色の濃さの違いを観察することで、エウロパの表面に見られる模様や地下から噴き出した物質がどれだけ古いかを知るのに役立つとみられている。
しかし、1994年から2003年まで木星を観察した探査機「ガリレオ」以降、「エウロパ」の詳しい探査は行われていない。将来の探査機による直接探査が待たれるところだ。

たんぽぽ計画

「宇宙空間を飛ぶ生命の源を捕えろ」という日本のユニークな宇宙実験「たんぽぽ計画」が5月、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」で始まるそうだ。スペースシャトルの退役で中断した計画が、日本独自の宇宙技術と研究者の熱意で10年越しの実現にこぎ着けた。
同計画は高度400キロメートルを高速で飛行する「きぼう」の船外に、「エアロゲル」という寒天のような捕集材をつけて1年ごとに交換。宇宙空間を漂うアミノ酸などの有機物や、地球から浮遊した微生物の採集を試みるそうだ。酵母菌など微生物の入った容器も船外に置き、放射線や紫外線が強い宇宙空間を微生物が長期間旅する可能性も検証するとのこと。
「たんぽぽ計画」というと何だか可愛らしい印象を受けるが、目に見えない微生物が宇宙空間で生き残ることができるのか、また宇宙塵を採集して調査することで、生命の原材料である有機物が宇宙塵によってもたらされたのかということを調べるという生命誕生の起源に迫るという壮大な計画のようだ。

アルミ缶コーヒー

今年の1月30日に、大手化学メーカーの昭和電工が栃木県下の子会社の工場にコーヒー向けアルミニウム缶の製造設備を新設したそうです。顧客については公表されていませんが、業界ではこれがコカ・コーラ向けの施設であることが周知の事実だそうです。
これまで国内のミルク入りコーヒーの容器はほとんどスチール缶でした。なぜなら業界団体が約30年にわたってミルク入り缶飲料でのアルミ缶の使用を自粛するよう要請してきたからです。ミルク入りの缶飲料は致死率の高いボツリヌス菌が繁殖する可能性がありますが、アルミ缶ではそれを発見しにくいそうです。やわらかいアルミの飲料缶は一般的に薄くても強度を保てるように中にガスを入れて内圧を高めています。つまり、元々缶が膨れているため菌が繁殖したことによる缶の膨張を消費者が察知できない恐れがあるのです。製造工場では、缶の底を叩いて音の振動で内部の圧力を測る「打検」で菌が繁殖していないか確認しているそうです。ただ打検はスチール缶のように底が平らでないと難しく、ドーム型にへこんだアルミ缶では確認が困難だとされています。
そんな状況に一石を投じたのがコカ・コーラです。去年の8月には工場の衛生管理の進化を踏まえて業界団体の「申し合わせ事項」が変更され、ミルク入り缶飲料にアルミ缶を使うことが認められやすくなったそうです。しかし、日本コカ・コーラはアルミ缶解禁に先んじて去年の4月頃からアルミ缶コーヒーの販売を始めているのだそうです。今年1月末時点では「ジョージア」の18製品を含む20製品をアルミ缶に切り替えています。この動きが業界全体に広がれば、アルミ缶のみを製造する昭和電工のような缶メーカーにとって追い風となると見られています。

アルミ缶の缶コーヒーが今まで販売されていなかったのはこうした背景があったのですね。

インフルエンザにかかる人とかからない人

寒くなってくると心配なのがインフルエンザ。例年12~3月ごろ流行し、1~2月に流行のピークを迎える。毎年かかってしまうという人もいれば、毎年ワクチンを打っているのでかからないという人、ワクチンを売ったことがないけれど一度もかかったことがないという人もいる。この差はいったい何なのだろうか?さまざまなウイルスによって引き起こされる風邪は、通常はのどの痛みや咳、鼻水、くしゃみ、微熱といった軽い症状が中心。一方インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気で、風邪と似たような症状もあるが高熱と一緒に頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が突如として現れるのが特徴だ。睡眠不足や疲れがたまっているような体の免疫が落ちている時は他の疾患を誘発することもあり、重症化することもある。インフルエンザの感染経路は咳やくしゃみをした時の飛沫による感染だということが分かっている。よって感染者の飛沫を浴びないようにするのがインフルエンザ予防の一番のポイントとなるが、家や学校、会社、通勤電車など集団生活をする中で完全に防ぐことは難しい。中には特別な感染対策をしていないにもかかわらずインフルエンザにならない人もいるが、このような人は過去に同じ型のウイルスに感染して抗体を持っているか、偶然体内で作られた抗体がウイルスの型に合っていたということが考えられる。またインフルエンザは必ずしもすべての人に同じ症状が現れるわけではない。風邪のような軽い症状で終わる人や、全く症状が現れない人もいる。この場合はかからないのではなく、自覚症状がないということのようだ。いつ新しいウイルスに感染して症状が出るか分からないので油断は禁物だ。