「ネッシー発見!」も実は映画模型

英北部スコットランドにあるネス湖に潜った無人探査機が、怪物のような物体を発見したそうだ。
謎の生物「ネッシー」かと期待が高まったが、1970年に撮影された映画のセットだと判明したとのこと。地方観光局が13日に明らかにした。
探査はノルウェーの石油会社が、水深が最大230メートルのネス湖の詳しい湖底図を作成するために実施したという。無人機は首の長い9.15メートルの物体を発見したが、観光局は声明で「ネッシーのような形だが、怪物の死骸ではない。沈んだ模型と思われる」と説明した。
この模型は、ビリー・ワイルダー監督の映画「シャーロック・ホームズの冒険」で使われたものだそうだ。作品では、怪物のような形をした潜水艦として登場しているという。
探査では長さ8.2メートルほどの船の残骸も発見され、調査が進められているそうだ。ネス湖からは過去の探査で、第2次大戦時に墜落した爆撃機、100年前の釣り船、競艇用ボートなどの残骸が見つかっているという。
最初に発見した時は「もしや…」と思ったのではないだろうか。それにしても、ネス湖にはいろいろなものが沈んでいるのだな…。

ピラミッド、ツタンカーメンの墓で隠し部屋発見

古代エジプトのツタンカーメン王の墓には、2つの「隠し部屋」が存在する。日本の調査チームが明らかにした。
昨年11月に日本の調査チームがレーダーを使って調べた結果、墓の壁の裏側に部屋の様な2つの空間が見つかった。スキャンデータの分析から、埋葬室の北と西に空洞が存在すると分かった。
さらに、この空間には金属や有機物も存在しているとみられていて、ツタンカーメン王の義理の母である王妃ネフェルティティの墓ではないかと注目が集まっているそうだ。
エジプト考古省は、より精確な分析のためさらなる調査を行い、来月にも4月1日にその結果を発表する予定だと発表。「これらツタンカーメン王の秘密を解明するための証拠が、我々を世紀の発見へ導くだろう」と述べているという。
ピラミッドを中心とした古代遺跡にはまだまだ謎が多い。この発見で何がわかるのかとても楽しみだ。

戸田恵梨香、再びミサミサ役に

女優の戸田恵梨香が、月とLの死から10年後を描く、「デスノート 2016」」(10月29日公開)に弥海砂(あまねみさ)役で出演することが8日、わかった。『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』(2006年)『L change the WorLd』(2008年)に続いてのミサミサこと海砂役での出演に戸田は「嘘でしょ!と思いました。10年前の作品で月とLも亡くなっているし……。今回の参加は恐怖の方が強かったです。いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか?というところでとても悩みました」とコメントしている。
 戸田は『DEATH NOTE』でスクリーンデビュー。
トップアイドルでありながら、死神に魅入られてデスノート保持者となり、愛する夜神月(藤原竜也)のために死神の目を持つ“第二のキラ”となるヒロイン・弥海砂を好演し、原作ファンから高い支持を得ていた。
 前作の10年後の世界が舞台になる今作では、前作でデ
スノート所有権を放棄したことでデスノートに関する記憶を失っている海砂は、女優として活動している。しかし、6冊のデスノートが地上に持ち込まれ、キラ復活を望む者とそれを阻止する者たちによる頭脳戦が繰り広げられるなかで、10年前にデスノートを使用しながら唯一生き残った海砂は、月とLの戦いを知る“記憶”と新キャラクターとの絡みが、物語の重要なカギになっていくようだ。

3DSを壊した8歳児が下手な大人よりしっかりした謝罪文を送付

「ニンテンドー3DS」を水没させてしまった8歳の子どもが自分で書いた手紙を同封して任天堂に修理を依頼したところ、ネット上で励ましの声が多数寄せられ、データも無事復旧するという心温まる話がツイッターに投稿された。修理を依頼した8歳児は励ましてくれたネットユーザーにお礼の手紙を公開しているとのこと。
事の発端は1月31日、ツイッターユーザーの若語録さんの8歳の子どもが3DSを水没させてしまったことによる。リュックの中で水筒が倒れた際にふたが開き、3DSの一部を水没させて壊してしまったそうだ。若語録さんが任天堂に自分で問い合わせるように言うと、子どもは自力で修理の手続きを完了。さらに自分で書いた手紙を同封して任天堂に送付したという。
手紙はとても8歳児が書いたとは思えないほどしっかりした文章で、同時にその子にとってはとても大事な3DSのデータが消えることを受け入れた、覚悟と無念が伝わってくる内容だ。
この手紙を見たユーザーからは「ちゃんと自分で考えて行動できるのがすごいです」「手紙の真面目さに泣けました」「きっと息子さんの気持ちが通じると思いますよ」「自力でとらせるあたり良い教育方針だと思います」「息子さんのデータがご無事でありますように」といった励ましや称賛の声が上がっていた。
若語録さんはこれらの励ましの声に対して、「皆さまのあたたかいお言葉にうれしさのあまり、泣けてまいりました。本当にありがとうございます」とお礼の言葉を投稿。また、複数届いた「代金を支払って修理してもらうのに、依頼する方が謝る必要はないのではないか」という質問に対し「息子にとって3DSは暇つぶしの道具ではなく、切望してようやく手に入れた宝物」「こんな素晴らしいものを発明してくれた任天堂は、息子にとって神様のような存在なのだろうと理解しました」と説明しているという。
そして数日後、修理の終わった3DSが到着。子どもに渡して電源を入れてみると、何と全データ無事に残っており「ぼくのDSだ!」と笑顔になったそうだ。
そして最後に励ましの言葉を投稿していたネットユーザーに対し、子どもが手書きでお礼のメッセージを公開。こちらもまたしっかりした文章で、多くの大人たちをほっこりさせた。
少年の行動力と真摯な態度も大人が見習わなければと思わされるが、こんな子どもに育てた若語録さんの教育方針も素晴らしい。

欧州のシャチが絶滅危機

欧州に生息するシャチが、有毒なポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物が原因で絶滅の危機にあるという。自然分解されにくPCBは、他の海洋世物にとっても脅威であり、繁殖能力を著しく害している。
1987年に禁止されたPCBは、欧州各地の工場、建築現場で広く利用されていた。食物連鎖を通じて濃縮され、シャチやイルカの脂肪組織に蓄積されてしまい、母乳を介して子世代の体内にまで有害物質が引き継がれていくのだという。
14日に発表された論文の著者、英ロンドン動物学会に所属するポール・ジェプソン氏は「西ヨーロッパの海岸には、ほとんどシャチは生息していない」と述べ、地中海や北海では既にシャチが姿を消したことを付け加えた。
ジェプソン氏によると、西ヨーロッパ沿岸でも生き残っているシャチは非常に小型であり、繁殖能力が全くないか、あってもほとんど衰えているそうだ。
また、海洋学者が数十年にわたり観察してきたポルトガル沿岸に生息する36頭のシャチの群れでは、10年以上出産が確認されていないと指摘している。
雌の体内に蓄積されたPCBは、その90%を子供に移行にしての出産となる。それなのに、座礁した個体を含むシャチ1000頭以上から採取した体組織を調べたところ、すべての雌雄において同じ体内PCBレベルだったという。これは直近数年間に生まれたシャチの子供が1頭もいないということである。
PCBが海洋生物に有害であることは、以前から知られていたのだが、その具体的な影響を示した研究は今回が初めてだったという。
海の王者と称されるシャチが、人間がうみだした小さなプラスチックごみに絶滅させられてしまうかもしれない。産業廃棄物の問題は未だ各地で広がりを見せているが、具体的な解決策がない現状が悔やまれる。

「あかつき」軌道へ

金星探査機「あかつき」の周回軌道投入の状況について、中村正人プロジェクトマネージャーが7日、JAXAの相模原キャンパスで記者会見した。
「本日、あかつきの周回軌道投入の作業を行った。午前8時51分29秒から9時11分57秒までの1228秒間、エンジン噴射を計画した。計画通り行われたことを確認した。噴いている方向と噴射量は予定とほぼ一定なので、当初予定していた軌道に入ることの期待は大変もてると考えているが、正確な軌道は実際に飛んでいるところを追いかけて確認して2日後に発表したい」とのこと。
今後の運用については、既に観測プログラムは送っているため、すぐに観測に移れるという。最初に観測データが届くまでには2、3日かかるそうだ。3ヶ月は試し撮りをし、きれいな絵を撮るまでに3ヶ月の猶予を考えているという。本格観測は来年4月から2年間を予定しているとのこと。
あかつきは非常に苦労して今回ようやく金星の周回軌道に入ることができた。中村氏はあかつきに対して「意外と頑丈だったね。メーカーが非常に丁寧に作ってくれた。軍艦のようだ。どこもほとんど壊れなかったのは大変なこと」と述べ、ほめてやりたいと話した。
今後観測が本格的に始まり、新たな情報を送ってくれるのが楽しみだ。

神田沙也加 小室と新ユニット

音楽プロデューサーの小室哲哉氏がこのたび、音楽ユニットTRASTRICKのボーカルである神田沙也加さんとトラックメーカー・tofubeatsと新ユニットの「TK feat. TK」を結成し、新曲の「♯RUN」を完成させた。
小室氏と初共演した神田さんは「世代的にも小室さんの作った曲をたくさん聴いてきた。なので、お話をいただいた時はすごくワクワクして本当に嬉しかった。」と当時の心境を報道陣に語った
同曲は、JRA日本中央競馬会が今月12日に開設した競馬サイトの「umabi.jp」のテーマソングに決まった。
小室氏が作詞作曲、神田がボーカルでTofubeatsがビートメーカーを担当し「走る」をテーマにした疾走感と高揚感をイメージした楽曲となっている。

日本未経験「スーパー台風」とは

今年はすでに20個以上発生している台風。地球温暖化が進むと、日本をこれまで経験のない「スーパー台風」が襲う可能性があるという。一体何が「スーパー」なのだろうか。
わずか1分ほどで1~2メートルも水位が上がり、平屋の建物はあっという間に水没した。2013年11月、台風30号が上陸したフィリピン・レイテ島。窓ガラスを割って脱出した男性は「津波のようだった」と振り返る。台風に慣れているこの国の人でさえ想像していなかったスーパー台風の猛威で、死者・行方不明者は7000人を超えた。
スーパー台風とは米軍合同台風警報センターの定義で「地表付近の風速が1分平均で67メートル超の台風」を指す。日本では1分平均風速の0.88倍に相当する10分平均が一般的なので、換算すると「風速59メートル超」になる。大きな被害が出た1958年の狩野川台風、1959年の伊勢湾台風、1961年の第2室戸台風はその条件を満たしていたが、上陸時には勢力が弱まり「スーパー」ではなかったという。
だが、今世紀末にはスーパーのまま日本に上陸する可能性があると多くの専門家は指摘する。坪木和久・名古屋大教授は台風を車に例え、雲の壁に囲まれた目(中心部)は「エンジン」、取り込む水蒸気は「ガソリン」に相当すると解説する。海水が蒸発した水蒸気が吸い上げられて雲になるとき、台風の目の空気は加熱されて軽くなり気圧はさらに下がっていく。その結果、周囲から気圧の低い中心部へ吹き込む風が一層強くなり、勢力を増す。このように台風が強くなっていくのは海面の水温が26度より高い場合で、13年の台風30号上陸時のフィリピン付近は29度あったそうだ。日本周辺の9~10月ごろの水温は26度以下のため台風は次第に衰えていくが、温暖化が進むと状況は変わる。坪木教授が今世紀末の世界の平均気温が20世紀末より2.8度上がるとの想定で試算したところ、最大で中心気圧857ヘクトパスカル、風速88メートルという13年の台風30号以上の勢力のスーパー台風が生まれ、それに近い強さのスーパー台風がいくつも日本に上陸する経路をたどった。坪木教授は「今考えられる『最悪』のレベルを上げ、タイムライン(避難時の行動を時系列で示す計画書)などを整備する必要がある」と警告する。
経験したことのない「スーパー台風」に備えて、個人でも意識して気象情報からリスクを判断できるように考え方を改める必要がありそうだ。

上戸彩、第1子女児を出産

おめでたいニュースが飛び込んできました。
人気女優の上戸彩さんがこのたび第1子となる女児を出産しました。
2012年9月に結婚をした夫で「EXILE」のHIROの所属事務所が8月19日、ファクスで出産を発表しました。
2人は連名で「この感動を大切にしながら、これからも力を合わせて頑張っていきたいと思います。」と喜びを表しました。
2人のコメントを全文は以下の通りです。
「沢山の人に支えられ、無事に女の子を出産することができました。おかげさまで、母子共に元気です。お世話になった皆さん、応援してくださった皆さんにとにかく感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。この感動を大切にしながらこれからも頑張っていきたいと思います。温かく見守っていただけたら嬉しいです。」

地球の「いとこ」の惑星発見

地球から1400光年離れた宇宙で、これまで発見された中では地球と太陽に大きさや位置関係などが最も似た惑星と恒星が見つかったそうだ。米航空宇宙局(NASA)が23日に発表した。NASAの専門家は「地球のいとこ」と表現しているという。
ケプラー宇宙望遠鏡で観測された惑星は、直径が地球の1.6倍で、恒星の周りを385日周期で回っているそうだ。位置関係の地球・太陽間の距離より5%遠いだけだという。恒星は直径が太陽より10%大きく、温度は同程度だが20%明るいそうだ。
惑星の組成等はまだ確認されていないとのこと。ただ、大きさから地球と同じ岩石質である公算は大きいという。さらに、恒星との位置関係など地球に条件が近いため、生命の存在に必要な液体の水がある可能性もあるそうだ。
恒星は太陽より15億年古い「60億歳」とされる。ケプラー観測チームの専門家は「この惑星に全て必要な物質と条件があったなら、生命体が生まれるのに十分な時間といえる」と話しているそうだ。
もしかしたら本当に地球外の生命が存在するかもしれない。そんな可能性が感じられる発見だ。