川遊びで”もり”が当たった兄-死亡

奈良県東吉野村の高見川で一緒に川遊び中、中学3年生の兄の頭にもりを当てたとして、2日午後3時45分ごろ、県内の中学2年生の男子生徒を傷害容疑で現行犯逮捕し、発表しました。
兄は重体だったが、約5時間後に亡くなりました。
生徒は「友だちに渡すつもりが、兄に当たってしまった」と話しているそうです。
もりは柄が約2メートルの竹製だが、二股に分かれた先端部分は鉄製で長さ約10センチで、現場には兄弟と母、兄弟の友人の中学3年の男子生徒2人の計5人がいました。
友人の一人が生徒に「もりを貸して」と言い、生徒が投げて渡そうとした際に手元が狂ったとみられます。
5人は母の運転する車で遊びに来ていたそうです。
男の子は、悪気はなかったと思いますが…
もりの様な尖っていて凶器になるような物を、投げて友人に渡そうとしたのはどうかと思いますね。
母親から注意は受けなかったのだろうか…