床にメガネを置いてみたら

現代美術の定義とは何か。西洋や東洋美術と同じように、現代美術というジャンルは常に存在する。でも一体現代大美術とは?テクノポップな音楽、よくわからない動きの映像作品、ただ色がおかれただけのボード?意味が無くても、「これが現代美術です」と言われたら、ふーんよくわからないけどそうなんだー、と納得してしまう。
とある17歳の少年は、この「よくわからないけど」に焦点をあててとある実験をした。17歳のTJ・カヤタンは、友人とサンフランシスコ近代美術館を訪れた。
メディアの取材に「グレーのブランケットの上にぬいぐるみが置かれている作品を観ましたが、何が素晴らしいのかよくわかりませんでした。観ている人が本当に感動しているのか、疑問に思ったんです」と答えるTJ。
メガネを美術館の床に置いて、離れた場所から見守った。TJは「作品」を見るために集まった人々の写真を撮って、ツイッターに投稿したという。
すると32000件以上のリツイートと、36000件のいいね!がつくほどの反響があり、TJは「アートを冗談だと解釈する人と、精神的な意味を見出す人といます。まあ、アートは頭が柔らかくて創造的な人々の楽しみなんでしょうね」と話した。
現代美術の定義とは何か?造形美?シチュエーションの面白さ?床にめがねが置いてあること?