3DSを壊した8歳児が下手な大人よりしっかりした謝罪文を送付

「ニンテンドー3DS」を水没させてしまった8歳の子どもが自分で書いた手紙を同封して任天堂に修理を依頼したところ、ネット上で励ましの声が多数寄せられ、データも無事復旧するという心温まる話がツイッターに投稿された。修理を依頼した8歳児は励ましてくれたネットユーザーにお礼の手紙を公開しているとのこと。
事の発端は1月31日、ツイッターユーザーの若語録さんの8歳の子どもが3DSを水没させてしまったことによる。リュックの中で水筒が倒れた際にふたが開き、3DSの一部を水没させて壊してしまったそうだ。若語録さんが任天堂に自分で問い合わせるように言うと、子どもは自力で修理の手続きを完了。さらに自分で書いた手紙を同封して任天堂に送付したという。
手紙はとても8歳児が書いたとは思えないほどしっかりした文章で、同時にその子にとってはとても大事な3DSのデータが消えることを受け入れた、覚悟と無念が伝わってくる内容だ。
この手紙を見たユーザーからは「ちゃんと自分で考えて行動できるのがすごいです」「手紙の真面目さに泣けました」「きっと息子さんの気持ちが通じると思いますよ」「自力でとらせるあたり良い教育方針だと思います」「息子さんのデータがご無事でありますように」といった励ましや称賛の声が上がっていた。
若語録さんはこれらの励ましの声に対して、「皆さまのあたたかいお言葉にうれしさのあまり、泣けてまいりました。本当にありがとうございます」とお礼の言葉を投稿。また、複数届いた「代金を支払って修理してもらうのに、依頼する方が謝る必要はないのではないか」という質問に対し「息子にとって3DSは暇つぶしの道具ではなく、切望してようやく手に入れた宝物」「こんな素晴らしいものを発明してくれた任天堂は、息子にとって神様のような存在なのだろうと理解しました」と説明しているという。
そして数日後、修理の終わった3DSが到着。子どもに渡して電源を入れてみると、何と全データ無事に残っており「ぼくのDSだ!」と笑顔になったそうだ。
そして最後に励ましの言葉を投稿していたネットユーザーに対し、子どもが手書きでお礼のメッセージを公開。こちらもまたしっかりした文章で、多くの大人たちをほっこりさせた。
少年の行動力と真摯な態度も大人が見習わなければと思わされるが、こんな子どもに育てた若語録さんの教育方針も素晴らしい。